作成したフォトブックのアレンジの仕方

By | 2017年2月16日

スマートフォンやパソコン、カメラ屋さんの店頭にある端末など、様々な方法でフォトブックが注文できるようになりました。少し前までは、専用のソフトをパソコンにインストールして、画像を選ぶところから始めないといけませんでしたが、最近はアップロードするだけで、自動的に配置するなどとても手軽に作成できるようになりました。価格も数百円から作れるため、以前より身近な存在になり、活用している人も多いでしょう。
しかし、デザインやサイズなどをこだわればこだわるほど、金額は高くなっていきます。数百円でできるものは、フォトブック おすすめテンプレートの数も限られていて、ページの余白も白一色になっていることが多いです。そこで、せっかく作成したフォトブックをより良いものにするために、アレンジをしてみましょう。例えば、旅行の内容で作った場合は、余白にチケットなどを貼り付けたりすると記念になります。コメントが入れられない場合も、手書きで書き込んだりすると、いいでしょう。マスキングテープやシールなどを貼ると、鮮やかで楽しいページになります。
アレンジには決まりがないので、自由に行うことができます。子供のフォトブックでは、手形や足型を使うと成長記録となります。毎年同じ場所で撮影した画像を拍子にしていくと、身長の伸びや顔つきの変化が一目瞭然です。身長や体重も書いておくと、後になって見返すときにとても参考になるでしょう。楽しんで作成したものは、見ても楽しい作品となります。